顧客から本当の意味で信頼を得るために!ISO9001を急ぐ

取得のために動く場合

セキュリティ

ISOの取得成功は、企業にとって多大な恩恵を受けられるのは間違いありません。国際規格である資格であるので、セキュリティ的にも個人情報取り扱いに関する意識、高品質な業務遂行をしてくれるという印象を内外的に出せます。企業ブランドを向上させられる効果があるISO取得を目指す場合は、緻密な計画を立てていく必要があります。なぜなら、取得のために事業者1人が全部背負ってやってできるものではありません。企業に所属するスタッフ全員が一丸となって取り掛からなければ取得不可能となります。取得に向けて動く前に、本社や支社、営業所に所属するスタッフ全員に高々と、ISOのことを取り組むと言わなければなりません。高々と宣言することによって、スタッフ全員が責任感を持って作業に着手してくれるようになります。また、宣言したと同時に、事業者自身が最も大きい責任と権限を持つという意識が生まれます。部署関係なく全員が一丸となってISO取得を成功させるために、事業者と所属スタッフへ強い意識を持たせる儀式を遂行しましょう。

次に、重要なことは、ISO取得をするために必要な責任者の選定です。企業の規模によっては、数多くの部署が存在していて、あらゆる紙媒体あるいはデジタル媒体を扱っています。それらを全部事業者自身が時間をかけて、セキュリティ的に何が重要なのかを全部把握するのは難しいです。そこで、それぞれの部署へ品質管理責任者を選出して部署内の重要な資料やデータのチェックや扱い方をどうするかを決めさせる権限を与えましょう。責任者を複数人選んでおけば、一か所に負担がかからずスムーズに取得に向けて動けます。